カテゴリー : Perl

CANDY CGI RSSリーダー 


以前は複数のサイトのRSSからフィードを取得してサイトに表示させる為に『Google AJAX Feed API』を利用していました。
ただ取得したいサイトのRSSフィードが1つの場合は何の問題も無く読み込み表示してくれるのですが、これが3つ、4つ…とRSSのURLを増やしていくと全てのフィードを正確に表示することは稀で非常に不安定な状態でした。
という事でCANDY CGIのRSSリーダー『RSS reader Type1』を使用することに。
前半はデフォルトの状態での設置について、後半は改造(ググって出てきたものを含め)についてまとめてみました。

早速ダウンロードして解凍する。
index.cgiをテキストエディタで開きログの更新時間や、Perlのパス、表示件数などの必要設定箇所を変更する。

サーバにインストールされてるモジュールのチェック

このスクリプトを動かすにはJcode.pm、FeedPP.pmといったPerlのモジュールが必要になってくるのでサーバにインストールされているのか確認する必要があります。サーバのサイトに記述されていなかったらサーバーアナライザーのようなフリーソフトを利用して調べます。
ダウンロードしてservana.cgiをテキストエディタで開きPerlのパスを設定してFTPソフトでアップ(アスキーモード)する。ブラウザからservana.cgiにアクセスします。調べた後はこのファイルは必ず削除します。
私の利用しているロリポップではJcode.pmはインストールされていたのですが、FeedPP.pmがインストールされていなかったので手動でインストールしました。インストールの仕方もCANDY CGIに分かりやすく記載されてます。

そして取得したRSSフィードを表示させたい箇所に下記のコードを記述してファイルをまとめてサーバにアップ(アスキーモード)して指定のパーミッションに変更。

<iframe src="index.cgi" title="rss" scrolling="yes" width="幅指定" height="高さ指定">
<a href="http://www.candy-cgi.com/">CANDY CGI</a>
</iframe>

これで完了。ここからは自分の理想どおりにカスタムする方法。
続きを読む