タグ : レベスタ

第11節 ヴァンフォーレ甲府戦


システム・スタメン

システムは4-4-2。
キーパーは神山。
センターバックは畑本、古賀。サイドバックは和田、尾亦。
ボランチハ鈴木、末吉。オフェンシブハーフは城後、成岡。
トップは高橋、坂田。

前半

前半8分、ピンバがボールを奪取して永里へ。永里がシュートを放つもサイドネット。
後半23分、コーナーキックからドウグラスがヘディングするもゴール上に反れる。
前半30分、ピンバがダヴィへパス。古賀を交わしシュートするも神山がファインセーブ。
前半33分、惇から右サイドの城後へ。城後がグランダーのクロス。坂田が合わせて先制。
前半35分、尾亦の高速クロスから高橋がシュート。枠を捉えられず上に反れる。
前半39分、翔の落しから坂田がシュート。これも枠を反れる。

後半

後半2分、コーナーキックからダヴィがヘディングで叩き込み同点。
後半8分、尾亦に代えてミンジェ。ミンジェは3試合ぶりの出場。尾亦は良い動きしてたし、前半幾度と無く精度の高いクロスも供給してたのに。
後半12分、スエがミドルシュート。枠を外れる。後半立ち上がり攻め続けられてるから、流れが変わるのを期待したい。
後半17分、泰に代えて木原。泰はここ数試合目立った活躍してないけど、スーパーサブとしての活躍を期待したほうがいいのでは?
後半34分、ダヴィがサイドからミンジェを交わし強引にシュート。枠を捉えていたが神山がセーブ。

結果

ヴァンフォーレ甲府 1-1 アビスパ福岡
[0-1]坂田 大輔
[1-1]ダヴィ
警告(アビスパのみ) 木原、鈴木

前半は中盤で拮抗した試合になった。福岡は安定した守備を見せていた。シュートは撃たれるものの枠内へのシュートは最小限に防いでいた。
甲府のエースで現在得点ランキングトップのダヴィは尾亦、古賀、畑本の執拗なマークに苦しめられ本来のプレーができていなかった。前半終了間際には判定に納得いかなかったのか激昂する場面もみられた。
ただ後半は完全に甲府の時間。前半見た限りでは今日は勝てると思ったけど、後半は全く別のチームになった印象を受けた。城副監督がハーフタイム中に選手たちに何を話したのか気になる。甲府の効率の良い攻撃が目立っていた。
中二日の影響もあるだろうけど、そこは相手も同じ。尾亦に代わって入ったミンジェも目立った活躍なし。何故尾亦を下げたのか理解できなかった。
今日のアビスパの出来からしても引き分けたのはむしろ良かった。


第10節 東京ヴェルディ戦


スタメン・システム

システムは4-4-2(4-2-2-2)。
キーパーは神山。
センターバックは畑本、古賀。サイドバックは尾亦、和田。
ボランチ末吉、鈴木。オフェンシブハーフは成岡、城後。
トップは坂田、高橋。

前半

前半2分、和田のロングスローから泰がヘディングでつなぎ坂田がヘディングでシュート。ただ勢いなくキーパー難なくキャッチされる。
前半16分、高橋祥平がサイドからグランダーのクロスをあげる。古賀にあたってゴールに入るがオフサイドに救われる。
前半20分、なかなか攻め込めない中、城後がミドルシュートを放つ。キーパー真正面。
前半22分、飯尾がクロスを上げ、ジョジマールが強引にシュートに持っていくものの神山がセーブする。しかしこぼれ球に詰めてた阿部に決められて先制を許す。
前半30分、カウンター3対1の局面を作られる。西が神山を釣ってからゴール前でドフリーの森にパスするもDFがクリア、こぼれ球を高橋がシュートするもポスト選手に助けられる。
前半35分、カウンターからジョジマールが抜け出し1対1になるも神山がファインセーブ。

後半

後半5分、奥からのクロスボールを深津がヘディングで中に折り返し最後は土屋がヘディングするも枠を外れる。
後半8分、右サイドの高橋祥平が中にクロスを上げる。これがそのままゴールに入り追加点。
後半8分、泰に代わって前節プロ初ゴールを決めた木原が投入。木原は右に入り城後がトップへ。
後半19分、尾亦のクロスから坂田が中国雑技段も真っ青のオーバーヘッドシュート。これが決まり1点返す。
後半41分、プレースキックがサイドに流れ深津が冷静に折り返し高橋祥平が流し込み3点目。

結果・ハイライト

アビスパ福岡 – 東京ヴェルディ
[0-1]阿部 拓馬
[0-2]高橋 翔平
[1-2]坂田 大輔
[1-3]高橋 祥平
警告(アビスパのみ) なし

全体を通じて終始ヴェルディに支配されたゲームになった。相手に面白いようにパスを回されゴール前でも余裕さえ感じた。何度同じような決定機を作られたかわからない。ジョジマールの決定力の無さに助けられた。それでも3点も失ったが。
中二日でヴァンフォーレ甲府戦を控えてるだけに今日は勝っておきたかった。過密日程で次節パフォーマンスが落ちるのは必然的だし。
このままだとプレーオフ圏内の6位に入るのも厳しいかも。すっかりJ2の中堅クラブに成り下がってしまった。前節の徳島ヴォルティス戦の快勝は何だったのか。ここから波に乗れると思ってたのに。


第5節 ガイナーレ鳥取戦


今季初観戦となりました。
久しぶりの快晴でしたが風が強く若干肌寒かった。

それにしても日曜日に開催された試合の観客動員数が4,000人とは。。。平均1万人には程遠い。
考えられるのは、
・対戦相手が去年J2に昇格してきたばかりの格下であるガイナーレ鳥取ということ。遠征に来る相手サポも少ない。昨日は30人ぐらいでした。
・J2だということ。上と若干かぶるところもありますが、そもそもの注目度が低いし、対戦相手にも華がない。ミーハーが多い日本人には受けない。
・チケット代が高いこと。昨年J1に昇格しチケット代も上がった、今年J2に降格したけどチケット代はそのまま。
・告知が足りない。

開幕戦の時のように子供を100円にするぐらいだったらチケット代を下げてよと思うんですけどね。それか近所の小学校を訪問して無料で配るとか。
客が入らなかったら元も子もない。客が入っても入らなくても試合にかける費用は変わらないのに。
そもそもJ2に降格してもチケット代を下げないとか、強気になるところを間違えてる。それだけ価値ある試合を見せてくれるなら別だけど。

屋台村についてはモニュメント広場のケータリングカーが屋台村に入ってたのは驚きました。しかも一番大好きだった肉巻きおにぎりがなくなってるし。
西門蒲鉾が無くなってたのもびっくりした。いつからあったのか分からないですが確か私がレベスタに通い始めた頃からずっとあった店だったのに。蒲鉾は嫌いだけどショック。
今年から加わった上海酒店の饅頭は良いですね。食しましたが美味しかった。おつまみセットはボッタくりすぎだけど。
あと新しくアウェー側売店に入った『絵里加』が気になる。女性向けのメニューが多いらしいですが。
観客が少ないということもありいつもは行列が出来ているドイスラゴスやLLバーガー、Mr.kebabがガラガラ。誰も並んでなかった。
変わりに去年モニュメント広場でガラガラだったくりーむみっくす本舗に結構並んでました。結構待たされた。

試合は開始早々、終了間際はグダグダだったけどそれ以外はアビスパペース。
サカティーのゴール前の落ち着きはさすが。泰のクロスからのトリッキーなシュートも良かったし。本人は今季20~30ゴールはあげたいと話していましたが、良いペースですね。
スエのスーパーボレーも見れたし、待望のキャプテン泰のゴールも見れたし。
呉昌炫とサミルが後半途中から出場しましたが、呉昌炫は雁ノ巣で見るのと同じで積極的な仕掛けで見ていてワクワクする。昨日はクロス精度が低かったけど。サミルはちょっと不安。パスがちょっと反れたぐらいで諦めるの早いですね。ハマゾッチと同じでサービス精神旺盛でサポウケはしそうですが。
最後に柳楽に対してのコールがあったのは良かったですね。柳楽もそれに答えてたし。

試合は現地で見てたのでスカパーでは見てません。
ハイライト番組である『マッチデーJリーグ』は見ましたが、アビスパの得点シーンと神山が1対1を足で防いだところだけでしたね。
アフターゲームショーと比べて時間も短縮になったし、中身も薄くなったなー。それとも昨日のアビスパのゲームの見所が少なかっただけか。
スエのボレーがベストゴールに選ばれたのは嬉しかった。昨日は他のゲームでも良いゴール多かったですからね。


第33節 浦和レッズ戦


昨日はレッズ戦でしたね。
スタに向かう前にTwitterのTLを見ていたら開場前からレッズサポが長だの列をなしてるという事だったのですが、実際行ってみて愕然としました。
あれだけレベスタのアウェーサポがあれだけ長い列作った事あるのか?ってぐらい並んでました。
まー昨日はレッズにとっても残留を決める大事な一戦でしたからね。
行くときは冬日和でポカポカしていたんですが、試合が始まる前になってくると一気に気温下がって寒くなりましたね
中綿ジャケット羽織っていったのですが、レプリカユニの下にTシャツ1枚しか着込んでなかったので試合中ずっと震えてました。
試合開始間近になるとレッズサポの圧倒的なサポソンの大合唱
あれ初めて生で見たんですが敵ながらみとれますね。鳥肌立ちました。いづれアビスパもあれぐらいの応援ができるといいですよね。
アウェーにも関わらずあれだけのサポが大挙して駆けつけてくれると選手たちもモチベーション上がるでしょうし。
試合はというと前半英也が先制ゴールを決めて良い形を何度となくつくれてはいたものの前半終了間際に柏木に押し込まれると後半は完全にレッズペース。終始攻め込まれてた印象しかない。
そしてスエが相手の決定機をファールで止めてPK。あれは判断は難しいですがしょうがないですよね。
止めなかったらやられてた。けどあの局面で1点入れられてもその後11人で1点or2点返すチャンスも。。。まー”だったかもしれない”話はナシで。
負けてしまいましたが、最終節は勝ちましょうまだ最下位争いもあることですし。
昨日食べたレベスタグルメを1品紹介。
続きを読む


第14節 アビスパ福岡


今日はセレッソ大阪戦でしたね。
私は仕事でレベスタには行けなかったですが、帰宅後に録画してた試合を見ました
開始直後に決定機を作ってはいたものの決めきれず、以降はほとんどセレッソの独壇場でしたね。シュート数の違いを見ても明らかですが。
とくにゴール前で処理を誤り、その結果相手のチャンスになるというパターンが終始見られました。1失点目もそうでした。
やはり相手のミスを見逃さず、確実に決めてくるのがJ1レベルですね。
アビスパ福岡 0-3 セレッソ大阪
[0-1]ピンパォン
[0-2]倉田 秋
[0-3]清武 弘嗣
ハイライト↓


これで9連敗
ただ落ち込んでる暇はありません中三日で神戸戦があります
何回言ったのかも忘れましたが、切り替えが大事です。
HPは更新できる箇所は更新してます。