タグ : 最終予選

ブラジルW杯最終予選 オマーン戦


いよいよブラジルW杯最終予選が始まりましたね。
初戦は難敵オマーン。5勝3分と負けたことはないけど大差で勝った覚えもない。
オマーンにはいつも最終予選で苦しめられる印象ですが、今日は立ち上がりに1点先制してから終始日本ペースで試合を進めてました。
長友もいつもにまして精度の高いクロスを供給してたし、香川のゴール前での落ち着きといい、長谷部の献身的な守備も目についた。

日本 3-0 オマーン
[1-0]本田 圭佑
[2-0]前田 遼一
[3-0]岡崎 慎司

ハイライト↓

2点目がオフサイドなんて話も出てますが、これは仕方ないでしょう。
この画像だと分かりますが、実際は際どいタイミングに見えた。ラインズマンも見にくい位置にいますし。まーオフサイドですけどね。

それにしてもこのスタッツ。。。

岡崎は先日のアメトークでワッキーがやってほしいって言ってたゴールパフォーマンスを披露していましたね。


アメトーク見てない方はこちら↓


ロンドン五輪最終予選 シリア戦


今日はロンドン五輪最終予選の4戦目のシリア戦が行われた。本来ならばアウェーの地となるシリアで開催されるはずだったが、情勢が安定していないので隣国のヨルダンでの開催。
試合前時点での日本が入ってるグループCの順位表は下記の通り。

順位 チーム 勝点
1 日本 9 3 0 0
2 シリア 6 2 0 1
3 バ-レーン 3 1 0 2
4 マレーシア 0 0 0 3

突破の条件についておさらいすると、各組1位が無条件で本大会出場決定。そして各組2位がアジア地区プレーオフに進出。
昨年11月に日本で行われたシリア戦では2-1と辛勝だっただけにエース清武が合宿最終日のイラクとの練習試合で負った左ふくろはぎの肉離れで離脱(全治6週間)、さらに前回のシリア戦でゴールをあげた大津の召集もクラブ側に拒否され見送られた事は日本にとっては大きな痛手となる。
勝てば残り2試合を残しシリアに勝ち点6差をつけ五輪出場決定に向けて大きなアドバンテージを得るが、負ければシリアに勝ち点で並ばれ今後の日本にとっては苦しい展開になるという大事な一戦。
続きを読む


ロンドン五輪最終予選 日本×マレーシア


昨日はロンドン五輪最終予選の初戦マレーシア戦でしたね。
近くの鳥栖スタでやってるなら行けば良かったと後悔しながら見てました。
カテゴリー別の代表とはいえ九州で試合するのなんてこれから先も数えるぐらいしかないでしょうしね。
終始日本優勢の試合展開が予想されましたが、マレーシアも粘り強い守備を見せてました。大宮の東、ジュビロの山崎が決めましたが、せめて4-0ぐらいで勝って欲しかったです。やはりマレーシアはグループリーグでも最下位になるでしょうから最終的に得失点争いになった時に不利になりますからね。


視聴率は関東地区で平均16.6%だったそうです。若干低めですね。
まーこれからより注目されればおのずと視聴率も上がるでしょう。
先日KBCのドォーモでメンバーがスーパープレーを再現しようという企画で福大を訪れ練習してましたが、清武の弟がいたんですね。知らなかった。
現在福大の3回生という事で年子ですね。大分トリニータU-18→福大。
ドォーモメンバーからの『お兄ちゃんが有名になったけどどう?』との問いかけに『これだけ有名になれば誇りです。』と答えてました。
顔はそんなに似てなかったですね。どんな顔だったかというと福大サッカー部のHPに画像付で掲載されてます。
福大サッカー部HP
話し変わってJリーグのことですが、J1土曜日・J2日曜日の案が承認されました。ナビスコのJ2参加は流れたようですが。
以前もブログで記述しましたけど、こればっかりはしょうがない。アウェーに行けるサポは大幅に減るでしょうが。
ええ、降格前提で話してます。もう降格は免れません。あとは来期に期待してます。1年で再昇格できるように。