タグ : 2012年

第6節 京都サンガF.C.戦


昇格争いのライバルになるであろう京都サンガF.C.との対戦。
しかし何故鴨池でするんだろ?鹿児島の人間としては嬉しいけど。スポンサーの関係かな?
私がまだ鹿児島に住んでいた時に隣町だった国分市に京セラの大きい工場があった事もあり京セラの本社は鹿児島なんだと思ってたぐらいだった。けど実際は京セラの本社は会社名のまんま京都にある。
ただ京セラ創業者の稲盛和夫さんは鹿児島の人間ですから鹿児島との結びつきはある。たぶんそんな感じだろう。
ガンバも年一で石川県で開催しているし。

スタメン・システム

システムは従前通り4-4-2(4-2-2-2)。
キーパーは神山。
センターバックは小原と堤。サイドバックはミンジェと和田。
ボランチは岡田と末吉。オフェンシブハーフは成岡と城後。
トップは高橋と坂田。
惇は怪我しているのは分かってるけど、拓がベンチにも入っていない。何かあったのだろうか。

前半

前半4分、宮吉がヘディングシュートするも枠を外れる。
前半5分、ショートパスから工藤が抜け出しシュート。これが決まり京都が先制。
その後も京都の波状攻撃が続く。
サイドをえぐられラストパス、無人のゴールに流し込むだけだったが長沢が外す。続けてコーナーから黄がヘディングするも神山がファインセーブ。
前半20分、末吉のFKから堤がヘディングで合わせて同点ゴール。これがアビスパ初シュート。後にオウンゴールに訂正。
前半24分、工藤が絶妙ループで狙うも神山がファインセーブ。
前半32分、FKが壁に当たりこぼれだまをサイドから強引にシュートされるも神山がファインセーブ。その弾いた球を至近距離から安藤がヘディングシュートするも続けて神山がスーパーセーブ。今日はいつも以上に神山が当たってる。
前半45分、城後のクロスから末吉がシュートミス。しかしそのふかしたボールを高橋が押し込みシュート。これが決まり逆転。

後半

後半4分、スルーパスに宮吉が抜け出すし、神山が出てきたところを冷静に中にパス。長沢が無人のゴールに流し込む。これで同点。
後半12分、先ほどのゴールと同じようにスルーパスに長沢が抜け出し、神山が出てきたところを中にパス。宮吉が無人のゴールに流し込み逆転を許す。
後半14分、泰に代わってサミル。
後半25分、工藤が持ち込みミドルシュート、こぼれ球を長沢がシュートするも枠を外れる。
後半27分、拓三に変わって呉昌炫。
後半33分、足を引きずっていた堤に変わって畑本。
後半42分、ミンジェのパスから坂田が強引にシュート。相手に当たり大きく外れる。

結果

京都サンガF.C. 3-2 アビスパ福岡
[1-0]工藤 浩平
[1-1]オウンゴール
[1-2]高橋 泰
[2-2]長沢 駿
[3-2]宮吉 拓実
警告(アビスパのみ)末吉、呉

試合は終始ショートパスを細かく繋いでくる京都に全くついていけずに翻弄されてる状態。
ほとんどの時間アビスパの陣地での攻防になってた。特に右サイドは大開放状態。
互いのシュート数を見ても明らか。シュート数は京都16本に対してアビスパは3本。ちなみにアビスパの3本は全て前半でのシュート、つまり後半はシュート0だった。
アビスパは初シュートが同点になり、二本目のシュートが逆転になった。数少ないチャンスをものにした完全に省エネサッカー。ただこのままでは絶対に終わらせてもらえないと思ってた。それほど京都の圧倒的なポゼッションとパスワークを前に何もさせてもらえてなかったから。
案の定後半開始早々見事なパスワークから一気に逆転を許してしまった。まるで目の前で崩し方のお手本を見せ付けられるように。
京都のトップは長身の長沢、若手注目株の宮吉、トップ下に技巧派の工藤など豪華な面々がそろってる。トップはさらにベンチに久保や原までいる。
アビスパで今日一番良かった選手は当然神山だけど、フィールドプレイヤーで良かった選手を一人上げるなら呉昌炫。躍動感あふれる個人技で相手を翻弄して精度の高いクロスを上げてた。呉昌炫がボールを持つと何かをやってくれそうな気がしてならない。スタミナに問題なかったら時央と同じで開始時から見たい選手。何故スタメンで使われないのかが不思議でならない。
爆撃機西田は鹿児島出身ということもありブログを拝見してても楽しみにしているのが伝わってきてたのに残念でしたね。あと拓も鹿児島出身だったのに。


第5節 ガイナーレ鳥取戦


今季初観戦となりました。
久しぶりの快晴でしたが風が強く若干肌寒かった。

それにしても日曜日に開催された試合の観客動員数が4,000人とは。。。平均1万人には程遠い。
考えられるのは、
・対戦相手が去年J2に昇格してきたばかりの格下であるガイナーレ鳥取ということ。遠征に来る相手サポも少ない。昨日は30人ぐらいでした。
・J2だということ。上と若干かぶるところもありますが、そもそもの注目度が低いし、対戦相手にも華がない。ミーハーが多い日本人には受けない。
・チケット代が高いこと。昨年J1に昇格しチケット代も上がった、今年J2に降格したけどチケット代はそのまま。
・告知が足りない。

開幕戦の時のように子供を100円にするぐらいだったらチケット代を下げてよと思うんですけどね。それか近所の小学校を訪問して無料で配るとか。
客が入らなかったら元も子もない。客が入っても入らなくても試合にかける費用は変わらないのに。
そもそもJ2に降格してもチケット代を下げないとか、強気になるところを間違えてる。それだけ価値ある試合を見せてくれるなら別だけど。

屋台村についてはモニュメント広場のケータリングカーが屋台村に入ってたのは驚きました。しかも一番大好きだった肉巻きおにぎりがなくなってるし。
西門蒲鉾が無くなってたのもびっくりした。いつからあったのか分からないですが確か私がレベスタに通い始めた頃からずっとあった店だったのに。蒲鉾は嫌いだけどショック。
今年から加わった上海酒店の饅頭は良いですね。食しましたが美味しかった。おつまみセットはボッタくりすぎだけど。
あと新しくアウェー側売店に入った『絵里加』が気になる。女性向けのメニューが多いらしいですが。
観客が少ないということもありいつもは行列が出来ているドイスラゴスやLLバーガー、Mr.kebabがガラガラ。誰も並んでなかった。
変わりに去年モニュメント広場でガラガラだったくりーむみっくす本舗に結構並んでました。結構待たされた。

試合は開始早々、終了間際はグダグダだったけどそれ以外はアビスパペース。
サカティーのゴール前の落ち着きはさすが。泰のクロスからのトリッキーなシュートも良かったし。本人は今季20~30ゴールはあげたいと話していましたが、良いペースですね。
スエのスーパーボレーも見れたし、待望のキャプテン泰のゴールも見れたし。
呉昌炫とサミルが後半途中から出場しましたが、呉昌炫は雁ノ巣で見るのと同じで積極的な仕掛けで見ていてワクワクする。昨日はクロス精度が低かったけど。サミルはちょっと不安。パスがちょっと反れたぐらいで諦めるの早いですね。ハマゾッチと同じでサービス精神旺盛でサポウケはしそうですが。
最後に柳楽に対してのコールがあったのは良かったですね。柳楽もそれに答えてたし。

試合は現地で見てたのでスカパーでは見てません。
ハイライト番組である『マッチデーJリーグ』は見ましたが、アビスパの得点シーンと神山が1対1を足で防いだところだけでしたね。
アフターゲームショーと比べて時間も短縮になったし、中身も薄くなったなー。それとも昨日のアビスパのゲームの見所が少なかっただけか。
スエのボレーがベストゴールに選ばれたのは嬉しかった。昨日は他のゲームでも良いゴール多かったですからね。


2012年Jリーガー年俸ランキング





日刊スポーツグラフの『2012年Jリーグプレイヤーズ名鑑』より。
年俸は全て推定。
個人的に抽出したものなので抜けている選手もいるかもしれません。

順位選手名クラブ名年俸(推定)
1位田中マルクス闘莉王名古屋グランパス1億5000万円
2位遠藤 保仁ガンバ大阪1億4000万円
2位中村 俊輔横浜F・マリノス1億4000万円
4位二川 孝広ガンバ大阪1億3000万円
5位中澤 佑二横浜F・マリノス1億2000万円
6位マルシオ・リシャルデス浦和レッズ1億円
6位阿部 勇樹浦和レッズ1億円
6位ジョルジ・ワグネル柏レイソル1億円
6位中村 憲剛川崎フロンターレ1億円
6位マルキーニョス横浜F・マリノス1億円
6位ケネディ名古屋グランパス1億円
6位今野 泰幸ガンバ大阪1億円
13位ラファエル大宮アルディージャ9000万円
14位レアンドロ・ドミンゲス柏レイソル9000万円
14位楢崎 正剛名古屋グランパス9000万円
16位玉田 圭司名古屋グランパス8500万円
17位カルリーニョス大宮アルディージャ8000万円
18位ジュニーニョ鹿島アントラーズ8000万円
19位前田 遼一ジュビロ磐田7500万円
20位小野 伸二清水エスパルス7200万円
20位加地 亮ガンバ大阪7200万円

ちなみに監督のトップ3。

順位 選手名 クラブ名 年俸(推定)
1位 ストイコビッチ 名古屋グランパス 1億3000万円
2位 ジョルジーニョ 鹿島アントラーズ 1億2000万円
3位 ネルシーニョ 柏レイソル 8000万円