選手名言集【海外】


※50音順

アーセン・ベンゲル


・『小倉もフリーならストイコビッチだ。だがサッカーには常に敵がいるんだよ』
・『会合を成功させるには、いい料理が不可欠だ』
・-スペインへの移籍希望を口にしていたアーセナル所属のソル・キャンベルが結局同じイングランドのポーツマスに移籍したのを皮肉って-
 『ポーツマスがスペインのチームとは知らなかった』
・『人生で大切なことは、自分を信じること。』
・『代表監督はマゾヒストでなければ務まらない』

アリゴ・サッキ


・(マラドーナを評して)
 『私のプレスサッカーは彼を封じる方法を考えあみ出したものだ』

アルベルト・ザッケローニ

E382B6E38383E382AF20120623

-日本代表就任直後の言葉
・『私は彼らのサイズにあった服を紡ぐ』

アレクサンドラ・モストボイ


・『俺のドリブルを止めるには?殺すしかないね』
・『ボールは受ける前に俺の頭の中にはその後のプレーのパターンがいくつか描かれている。』

アルバロ・レコバ


・『今日のピッチが雨上がりなら、僕の左足で虹をかけてあげるよ』

アントニオ・カッサーノ


・『これまで600から700人の女性と関係を持った。ビッグマッチの直前でもお構い無しにね』

イビチャ・オシム


・『ウサギがライオンから逃げるとき足を痙攣させますか?ようは準備が足りないんですよ』
・『ブラジルが世界一だと決まっているなら、他の国はサッカーをする必要はない。』
・『君たちはプロだ、休むのは引退してからで充分だ』
・『本当に強いチームは 夢を見るのではなく出来る事をやるものだ』
・『今日、ひとつだけ良いことがあります。それは全員が最悪のプレーをしたことです』
・『DFとFWは警察と泥棒の関係です。DFはFWに常に知性で上回ってなければなりません。トゥーリオは良い警察だと証明されましたね』
・『契約は結婚と同じようなもの』

エリック・カントナ


・『俺がボスだ!』
・『監督やチームメイトが何を言おうが関係ないね。興味がわかない』
・『俺の墓石には、どんな言葉も刻んで欲しくない。まっさらな石のままでいい。俺という人間をいつまでも大きな謎につつんでおきたいから』
・『チームなんてどうでもいい、俺が目立てばいいんだ!』
・『世間では普通と違う人間を異常と呼ぶ。私はそう呼ばれることを誇りに思っている』
・『無意味なシュートなどない。シュートを打つ姿勢こそ美しい。打て!』
・-引退会見にて-
 『私はサッカーに対する情熱を失ってしまった。今までありがとう』
・『無意味なシュートなどない。シュートを打つ姿勢こそ美しい。打て!』
・『世間では普通と違う人を異常と呼ぶ。私はそう呼ばれることを誇りに思っている』

エルナン・クレスポ


・『神様ですら非難されるご時世なんだ、FWが悪口を言われるわけ無いだろう』

オリバー・カーン


・『ゴールキーパーの英雄と役立たずは紙一重だ』
・『チームにはキンタマがたりない!キンタマだ!」』

ガブリエル・バティストゥータ


・『そこにゴールがあるから蹴るんじゃない、俺が蹴るからゴールがあるんだ』
・『強いものがいつも勝つとは限らない。それがサッカー、人生さ』

クラウディオ・タファレル


・-アメリカW杯でイタリアと対戦しPKを外したバッジォに言った言葉-
 『それでもあなたは偉大だ』

クリスチャン・ビエリ


・『ゴールの方程式は簡単さ。ゴール前にいる僕にボールを出すだけなんだから』
・『子供を欲しいとは思わない。俺に似たら、毎晩ディスコを探し回らなきゃならないんだ』

クロード・マケレレ


・『ジダンのようなプレーは真似できないけど、彼もこちらの仕事は出来ない。』

ゲーリー・リネカー


・『フットボールは単純だ。22人がボールを奪い合い、最後はドイツが勝つ』
・-現役生活13年間でイエローカードすらもらったことのないリネカーらしい言葉-
 『群集の中でつばを吐かれたら、飲み込むまでのことだ』

サミュエル・エトー


・『黒人のように走り回り、白人のように稼ぎまくる』

ジーコ


・『シュートとはゴールへのパスである』
・『審判は黒いシャツの下に読売ヴェルデイのユニフォームを着ている』
・『ブラジルで蹴られるのはボールだけではない』

ジェンナーロ・ガットゥーゾ


・『オレにはゴールで感動は与えられない。けどオレだから与えられる感動があるはずだ』
・『イエローカードなんて怖くねぇそんなもん喰ってやる』
・『チャンピオンズリーグ制覇はスクデット3回分に値する』

ジネディーヌ・ジダン


・『なぜもっと俺にボールを集めない。俺を誰だと思ってる。俺はジネディーヌ・ジダンだぞ』
・『フェイントは相手を抜くためじゃない。ゴールまでの選択肢を増やすためだ』
・『いつまでの試合が終わらず、このままプレーしたいと思うときがある』
・『正直、常にサッカーをする上で考えたのは昨日の自分を越えることだけだった』
・『フットボールは難しい』
・『足の間にボールを置いたら後は自分でも何をするかわからない』

シャビ・アロンソ


・『グランドで葬式をやっていたんだ』

ジャンルイジ・ブッフォン


・『サッカーとは実にシンプルなゲームだ。俺が全てのシュートを止めればチームは負けないのだから』
・『まさか、セリエBで同じ選手に3ゴールも奪われるとは思わなかった』
・『明日も、その次の日も世界最高でありたい』

ジャン・フランコ・ゾラ


・『PKよりFKの方が簡単だ。何故なら壁が、蹴る瞬間をGKからさえぎってくれるから』
・-引退時にて-
 『この世には、4-4-2やカルチョよりもっと大事なものがある。これからは大切な時間を家族と過ごす』

ジョージ・ベスト


・『私がブサイクに生まれていたなら、ペレは今ほど有名になっていないだろう』
・『俺は莫大な金を 酒と女と車につぎ込んだ。残り? どっか行っちまったよ』
・『自分より上手い選手を見たことがありません』
・『私が7人のミス・ワールドと寝たという噂があるが、そんなことはない。3人だけだ』
・『ガスコインのユニフォームの背中には“10”と書かれている。最初はポジションを表しているのかと思っていたが、後に知能指数であることがわかった』
・-ファンに夕べの女はどうだったと聞かれ-
 『チェルシーのディフェンスくらいユルユルだったぜ』

ジョゼ・モウリーニョ


・『相手チームの感情など知ったことではない。私はチェルシーを勝たせるためにやってきた』
・『反論するのを恐れるな 選手の前で俺とやり合えそれがキャプテンの仕事だ』

ジョゼップ・グアルディオラ

3147_186x236

・『パスより早いドリブルはない』

ズウォニミール・ボバン


・『サッカーを戦争などという奴は、本当の戦争を知らないんだ』
・『ベスト4に入ったのは当然です。今は祖国のユニフォームを着て戦えることが何より嬉しい』

ダヴィド・トレゼゲ


・『僕は足が遅いんじゃなくて頭の回転が速いから点を取れるんだ』

ディエゴ・マラドーナ


・『俺がしたドーピングは努力だけだ』
・『俺は多くの過ちを犯したが、サッカーボールは汚れない』
・『ペレは天才だが、マラドーナは神だ』
・-君は左足ばかり使うけど、右足は使わないのかい?-
 『歩くときは使うよ』
・-あなたとペレ、とぢらが上手いと思うか?-
 『ペレの母ちゃんに訊いたらペレの方が上だというだろうし、俺の母ちゃんは俺だと答えるよ』
・『あの5人抜きはイングランドの選手がフェアだったからこそやれた』
・『もし天国にもサッカーがあって、そこでプレイできるなら嬉しいね。ただ、ペレにはいて欲しくないね』
・『私はサッカーボールのように太っている』
・『とにかくボールを預けてくれるだけでいい、あとは俺がなんとかするから』
・『飛んだ瞬間、目の前が真っ白になって神が僕に手を差し伸べた。あれは神の手によるゴールだ』
・『私はペレを尊敬している。史上2番目の偉大なるサッカープレーヤーとして』
・『人生はサッカーであり、サッカーこそが人生』
・『これからは、僕のような上手い選手より、フリットのように大きくて走れる選手が活躍するだろう』
・-W杯のイングランド戦での5人抜きについて聞かれ-
 『イングランド人から財布を盗んだ気分』

ティエリ・アンリ


・『まずパスをくれた味方にお礼を言いに行くべき』

ディノ・ゾフ


・『ゴールキーパーはワインと同じ。年を重ねるほど味が出る。』



デットマール・クラマー


・『ストライカーという人種は、育てるのではなく、突然現れるもの』
・『ストライカーに必要なものは、99%の才能と1%の努力』
・『私はサッカーは好きではない、心から愛している』
・『サッカーは人生の鏡である。そこには人生のあらゆるものが映る』
・『タイムアップの笛は、次の試合のキックオフの笛である』
・『試合で勝った者には友人が集まってくる。新しい友人もできる。本当に友人が必要なのは、敗れたときであり敗れたほうである。私は敗れた者を訪れよう』
・『ドイツ人にもゲルマン魂があるように、君達にも大和魂がある』
・『人間は暗い気持ちの時は耳を塞いでしまう。そんな時には、どんな名言も届かない。しかし心を開いている時なら、苦言でも受け入れることが出来る 』
・『サッカーの上達に近道は無い。不断の努力だけである』
・『ゴール前ではギャングになれ』
・-釜本 邦茂に対して-
 『右はワールドクラス、左はアマチュア』
・『サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする』

デル・ピエロ


・『ミスを恐れてはいけない。リスクを犯すことによって誰も真似できないファンタジーなプレーが生まれるんだ』
・『私はこの試合に自分のサッカー人生をかける』
・『ゴールが決まると、その度にその時にしか起こりえない不思議な感情が湧くものだよ』

ドゥンガ


・『人生において勝利を得る方法は色々とある。しかし、苦労を伴わずしてそれを得ることは出来ない。』
・『私が望んでいる物を全て得てはいないけれども、今有しているものに満足し、それを愛している。』
・『友情は距離が離れていても継続していくものである。』

ドラガン・ストイコビッチ


・『才能なんて、その後の生き方で変わってしまう』

パオロ・マルディーニ


・『アズーリは私達にとって歴史であり、名誉であり、夢であり、勝利であり、すべてを表現する色だといっていいと思う。もしかすると、私達の血の色は赤ではなくて、アズーリなのかもしれませんね。』
・『対戦相手は敵ではない。同じピッチの上で戦う仲間だ』
・『僕は歴史上最も勝利したプレーヤーだそして 最も敗北した者でもある』

パベル・ネドベド


・『こんなに素晴らしい賞を取っても僕は変わりません。明日はいつもどおり練習します。なぜならば、僕はジダンやフィーゴ、ロナウドみたいなスーパーな選手ではないからです。チームに貢献するため、僕には練習を積み重ねてコンディションを常によく保つしかないのです』

ハワード・ウィルキンソン

HowardWilkinsonGET_468x326

・『監督には二通りしかない。クビになった監督と、これからクビになる監督だ』

ピエルルイジ・コッリーナ


・『間違いは誰でも犯す、その間違いもサッカーの一部なのだ』
・『勝者の影に隠れた敗者の業績は称えられるべきだ』

ビル・シャンクリー


・『フットボールは生死にかかわる問題ではない。それよりももっと重要なものだ』
・『フットボールは子供を青年にし、青年を大人にし、大人を紳士にする。尚且つ大人を子供に戻す力がある』

ファビオ・カペッロ

capello

-記者会見で調子が悪く落ち込んでいたトッティの隣で発言
・『トッティを本物の王子にする。それが私の仕事だ。』

ファビオ・カンナバーロ


・『いずれにしても、僕はパルマのキャプテンだ。沈みかけてる船から逃げ出すようなことはしないよ。最後まで戦うさ』
・『ナポリの子供達には、夢を信じなければならないということを分かってほしい。理想を描いて、健全な価値観を持つことだ。いつかは夢が現実になることがある』
・『好調の秘訣? よく寝る事 沢山の種類の食べ物を少しずつ食べる事、それから夜の方も少々』
・『優秀な選手であれば身長の高い低いは関係ない』

フランク・ライカールト


・『勝つチームは常に勝つだけの何かを持っているんだ』

フランチェスコ・トッティ


・『もしこれが勝利なら、俺はずっと敗北者でありたい。もしこれがサッカーなら俺はこのスポーツを嫌いになるだろう。もし彼らが韓国人なら、二度と会わないことを神に望む』
・『俺はローまで生まれ、ローマで育ち、ローマで死ぬ』
・『僕だって、本ぐらい読むさ! たとえば、シェークスピア。 でも、シェークスピアって誰が書いた作品だっけ?』
・-2000年のEUROでPKを蹴る前にチームメイトに対して-
 『ちょっくらクッキアイオ(ループシュート)でもやってくるわ』
・『さあ、プレイステーションの時間だぜ』
・-ドイツW杯でドイツがイタリアに負けてドイツの新聞が「ピザは食べない」と書いたことに対して-
 『え、あんなにうまいのに…なんで?』

フランチェスコ・トルド


・『お願いだから俺の点にしてくれ』

フランツ・ベッケンバウアー


・『強いものが勝つのではない、勝ったものが強いのだ』
・『私はこれ以上何をすればいいんだ』
・『サッカーは人生と同じだ、いつも上手くいくわけじゃない』
・『サッカーを心のそこから愛してこられたこと。強い意志で試合に望めたこと。そして、運。この三つに自分は支えられた』
・『まあ、見てみよう。そうすれば、分かるだろう』

フリスト・ストイチコフ


・『この俺に守備をしろだなんて、クライフでも言わなかった』

ペレ


・『ボールが丸いことを理解しろ』
・『神に感謝します。私のためにこんな楽しいスポーツを作ってくれたのだから。』
・『サッカーは魔法を使って、すべての人々を夢中にさせる』
・-1950年ブラジルW杯決勝でブラジルがウルグアイに負けた時-
 『泣かないで、お父さん。ボクが大きくなったら、ワールドカップを取ってあげる』
 -その8年後に実現する-
・『世界で一番いいFW? 自分。世界で一番いいMF? 自分。世界で一番いいDF? 自分。世界で一番いいGKと聞かれても自分と答えるよ。』

ホセ・ルイス・チラベルト


・『もう泣くな。俺達は戦争に負けたわけじゃない』

ボビー・ロブソン

170px-Bobby_Robson_Cropped

-バルセロナ時代にロナウド頼りの戦術を批判されて
・『私の戦術はロナウドだ』

マルコ・ファンバステン


・『10本の平凡なゴールと、9本のスーパーゴールがあったら迷わず10本の方をえらぶよ。』

ミシェル・プラティニ


・『私は走らなくて良いからタバコを吸ってもかまわない。しかし、マッシモ・ボニーニは私の分まで走らなくてはならない。だから彼はタバコを吸うことは厳禁である。』
・『(マラドーナについて)ジダンがサッカーボールを使って出来ることを彼ならオレンジでも出来るだろう』
・『サッカーはミスのスポーツ、プレイヤーが完璧なプレイをしたらスコアは永遠に0対0のままだ』
・『下手な白人ほど黒人を差別する』
・『10番というより9.5番』

ヨハン・クライフ


・『ボールを動かせ!ボールは疲れない!』
・『サッカーについては隅から隅まで知っている。』
・『美しく勝利せよ』
・『ボールを持てば私が主役だ。決定するのは私で、だから創造するのは私だ』
・『才能ある若手にこそ挫折を経験させなければならない。挫折はその選手を成長させる最大の良薬だからである』
・『イタリアは勝つことが出来なくても、我々が負けることはある』
・『理解できるまでは分からない』
・『どんな欠点にも長所がある』
・『いくら点を取られても、相手より1点多く取れば良い』
・『(マラドーナに対して)奴には選手としてはすべてかなわない。』
・『美しく負けることを恥と思うな。ブザマに勝つことを恥と思え』
・『人生で避けられないことは3つ、死と納税とバルサの優勝』
・『間違いを犯す前に、その間違いを犯さない』
・『1-0で守りきって勝つより、4-5で攻めきって負けるほうがいい』
・『ボールコントロールが全ての基礎だ。ボールコントロールできないから、ボールを追いかけることになる。それはフットボールではなく別のスポーツだ』
・『勝つときが少々汚くてもいいが、敗れるときは美しく』
・『大量にリードしてるときはわざとバーに当てる。そのほうが盛り上がるからね』
・『私が来る前はクラブの金庫はいつも空だったが、私が出て行く頃には金庫はいっぱいだった』
・『時々、何かが起きる前に、何かが起きなければならない』
・『1試合1試合大事に戦え。バランスシートは最後に残る』
・『偶然は必然だ』
・『理想のフットボールとは、常に勝ち続けること。スペクタクルでファンタスティックなプレーで』
・『ダメな奴が走るんだ。相手をもっと走らせろ』

ルイス・フィーゴ


・『ドリブルが出来ないのなら僕はサッカーを辞めるよ』
・『1対1になったら、勝負しないわけにはいかない。なぜなら俺はドリブラーだからだ』
・『子供の頃から(ドリブルで)相手を抜けないと思ったことは1度もない。抜けなかった事も1度もない』
-バルセロナから宿敵レアル・マドリードに移籍する時に批判されて-
・『自分の実力に見合う金を出してくれる所に行っただけだ。』

レフ・ヤシン


・『私はこれからも完璧ではない』

ロイ・キーン


・『間違った心構えでプレーしている限り能力があっても負け犬だ』

ロナウジーニョ・ガウーショ


・『みんなは僕のヘアバンドを見にスタジアムに来るんじゃない。 僕らが他の誰よりも足でボールをうまく扱えるからスタジアムに来るんだ』

ロナウド


・『ボールがあった方が足が速いんだ』

ロベルト・カルロス


・『比較は嫉妬心を煽るだけ。雰囲気を悪くする』

ロベルト・バッジォ


・『今を戦えない者に、次とか来年とか言う資格はない』
・『サッカーを続けられるなら、寿命が縮んでもいい。』
・『PKを決めたとしても誰も覚えていないけれど、外したならば誰もが忘れない』
・『PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持ったものだけである』
・『思いついたプレーの中でいつも一番難しいものを選択している』
・『私はサッカーに恋をした』
・『諦めるより夢を見る方が性に合っている』
・『忘れないで欲しい。君達の足元には永遠にサッカーボールがあることを』
・『自らを愛してくれたファンの前でPKを蹴ることは出来ない』
・『僕の知っているドーピングはただ1つ、努力だ』
・『3点の地味なゴールよりも華麗な1点を取るほうが良い。それがファンジスタだ』
・『泣き言なんて何の役にも立たない。力になるのは強い意志だけなんだ。』
・『勝利は苦しみを通じてのみ得ることが出来る。苦しみを通り抜けない勝利はない』

ロマーリオ


・『俺とバッジォはスターだが、スーパーではない。スーパースターはマラドーナだけだ。』
・『私が10代だった頃、私より大きくて速くて巧い選手を1000人以上見た。しかし、それでも私は自分が世界一のサッカー選手になることを信じて疑わなかった』
・アメリカW杯前に父親を誘拐されて。
 『親父を返してくれないのなら俺はワールドカップに出ない』
・『おい、お前達!俺をだれだと思っているんだ。ロマーリオだぞ!俺にボールを集めろ。そうすれば勝てる!』




  1. コメントはまだありません。

  1. 2018年 4月 2日
:roll: more »

:roll: more »

*